2007年10月31日

「審美歯科」ってなんですか?

 最近は「美しさは歯から」「歯も美しく」という事で「審美歯科(しんびしか)」が注目されてます。

しかし、これはどういう意味でしょうか?

「審美歯科」・・・それは美しさに焦点を当てた、総合的な歯科医療(歯科治療)のこと。

歯並びや、綺麗で白い歯を持つかどうか、それで人の印象というのは大きく変わってきます。

「88歳まで元気な歯」というのを、歯科医院でも見かけます。年齢を重ねると、健康な歯が少なくなるのは否めませんが、歯がないより、あった方が印象を大きく変えてしまいます。
健康的な歯は他人の印象や本人の自身にもつながります。

 虫歯、歯周病という「病気になってからの治療」ではなく、積極的に美しい歯を手に入れようという動きが「審美歯科」という事なのです。

「審美歯科」では歯だけでなく、歯肉にも注目し、そのひと本来の美しい笑顔を手に入れること、それも目標としています。


 その他にも「ホワイトニング」「歯列矯正」等も、審美歯科の一環として取り入れられています。
posted by きんぴらひろし at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 審美歯科とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。